ホーム>オンラインショップ>いくみや逸品を探す>帯(未仕立)>>袋帯 西陣織 帯屋捨松 唐花紋 黒地 未仕立

袋帯 西陣織 帯屋捨松 唐花紋 黒地 未仕立

商品コード:ifko002
袋帯 西陣織 帯屋捨松 唐花紋 黒地 未仕立

独創性のある帯の創作で有名な京都西陣・帯屋捨松の袋帯です。メリハリのある柄付けが特徴で、黒地に生えるいろいろな金色を巧みに使い分けた逸品です。

販売価格:165,000(税込)
関連カテゴリ:
いくみや逸品を探す > 帯(未仕立) > 袋帯
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる
袋帯 西陣織 帯屋捨松 唐花紋 黒地 未仕立

この帯は黒地に唐花や唐草ををはっきりとした色調で描いています。

帯屋捨松の帯というと極彩色などの多色使いの帯を思い浮かべますが、この帯は金色の単色系の色でまとめられています。

ところがこの色糸の種類は相当な数に上ります。赤みある金、抑えた金、輝く金、中間の金、白金、グレー系の金など多彩な顔ぶれです。

多色使いで定評のある帯屋捨松ならではの色糸使いの技術が織り込まれています。

格調高い色留袖や訪問着、または振袖や黒留袖にまでも締めることが出来そうです。

画像の中の地模様は六通の中抜きの部分です。この織の組織をベースに金属糸風の糸を織り込んで表地が作られています。

また帯の裏地は黒の緞子風生地です。

【品質表示】
絹:78% 指定外繊維(紙):8%
レーヨン:8% ポリエステル(金属糸風):6%

【寸法】
帯巾:約31㎝(約8寸2分)
帯の長さ:約4m43㎝(約1丈1尺7寸) 織止めから織止めまで

お仕立について

芯を入れなくても十分にしめることが出来る帯ですが、よりしっかりとさせるために芯を入れることをお勧めします。(芯入れ仕立てを推奨)

お仕立てをご希望の方は
この袋帯とご一緒に、「お仕立て・加工」の「袋帯のお仕立て」のページで、「袋帯のお仕立て方」を選択し「かごに入れる」へお進みください。お仕立ての際には、お届け日が2週間以上伸びますのでご了承ください。

「袋帯のお仕立て」のページはこちら


帯屋捨松について

帯屋捨松は安政年間より創業している西陣の老舗織屋の一つで、独創的な帯の感性は他の追随を許しません。

通常、西陣帯は図案・紋意匠図・紋紙・糸加工・染色・製織などそれぞれの工程で分業化されています。

しかし、帯屋捨松では帯が出来上がるまでの工程を、専属の職人によって自社で一貫して行っているため、様々な織りの組織に対応でき、高度な技術とデザインで帯を製作することが出来ます。

美を追求し、独自の作風で最高級の手織り創作帯が生まれます。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ