ホーム>オンラインショップ>いくみや逸品を探す>帯(未仕立)>>袋帯 西陣織 服部織物 さざれ石 未仕立

袋帯 西陣織 服部織物 さざれ石 未仕立

商品コード:ifko001
袋帯 西陣織 服部織物 さざれ石 未仕立

「君が代」の歌詞にある「さざれ石」をご存知ですか?京都西陣の有名メーカー服部織物がこのさざれ石を見事に袋帯に再現し、お祝いの席にふさわしい逸品に仕上げました。

販売価格:165,000(税込)
関連カテゴリ:
いくみや逸品を探す > 帯(未仕立) > 袋帯
数量:
在庫: 1
カゴに入れる
問い合わせる
袋帯 西陣織 服部織物 さざれ石 未仕立

さざれ石は、小さな石が一つ二つとくっつき最後は「巌となる」というものです。そして「苔のむすまで」末代まで、との縁起のよい意味があると考えられています。

全体には白っぽい印象の帯ですが、縦糸にはレインボーカラーのような色合いで細かく織り込まれています。

格調高い黒留袖や色留袖、またおしゃれな訪問着にもおすすめです。

画像の中の地模様は六通の中抜きの部分です。帯全体にこのような紋織りが織り込まれていますので、柄のあるところの無地部分や石の部分にも同様の文様が現われています。

また帯の裏地は純白の緞子風生地です。

【品質表示】
地糸:絹75% ポリエステル(金属糸風)25%
柄糸:絹60% ポリエステル(金属糸風)40%

【寸法】
帯巾:約31㎝(約8寸2分)
帯の長さ:約4m47㎝(約1丈1尺8寸) 織止めから織止めまで

京都西陣織 服部織物株式会社製

服部織物は200年以上前から続いている西陣の老舗の機屋さん、金箔などの箔を用いての帯には特に定評があります。

また、帯の裏地も同時に織るため、表と裏の狂いが生じることがありません。

さざれ石などを解説した店主ブログはこちら

お仕立について

表裏ともにしっかりとした帯地のため、芯を入れなくても十分にしめることが出来る帯です。(端かがりを推奨)。よりしっかりとさせるために芯を入れるとしても、ごく薄い芯をおすすめします。

お仕立てをご希望の方は
この袋帯とご一緒に、「お仕立て・加工」の「袋帯のお仕立て」のページで、「袋帯のお仕立て方」を選択し「かごに入れる」へお進みください。お仕立ての際には、お届け日が2週間以上伸びますのでご了承ください。

「袋帯のお仕立て」のページはこちら

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ