ホーム>浴衣の印象は色・柄で変わる

浴衣の印象は色・柄で変わる

浴衣の印象は色・柄で変わる

浴衣の印象は色・柄で変わる

夏の風物詩の一つである浴衣ですが、浴衣の色は豊富で柄も色々な種類があります。浴衣は色や柄によって印象が変わるのですが、こちらでは、その印象の違いをご紹介します。浴衣を選ぶ際の知識としてお役立てください。

○下地の色

紺は古風さや奥ゆかしい印象を与え、浴衣の中でも紺はどなたでも着やすい色でもあります。

黒が下地の浴衣は着物のような重厚感のある印象を与え、黒に赤の柄が加わると大人の色気を感じさせます。

白は基本的に清楚な印象を与えますが、柄や模様によってまた違った印象になります。赤やピンクなどの柄なら活発な感じになり、紫の柄ならぐっと大人な雰囲気になります。

淡色系

水色やサーモンピンク、クリーム色などの淡色系は、優しくて柔らかい印象を与えます。京都には、落ち着いた雰囲気がありながらも華やかさがあることを意味する「はんなり」という言葉がありますが、淡色系はそういった雰囲気を演出してくれます。

○柄

浴衣には、「古典柄」「モダン柄」「レトロ柄」の3種類の柄があります。

古典柄

古典柄は伝統の染付けや文様が織り込まれた柄で、大人っぽくて落ち着いた印象を与えます。また、流行や年齢に関係なく長く着用できる柄です。

モダン柄

モダン柄の浴衣は流行の色彩や現代のデザインなど、和装のイメージを変えるようなものが多く、フレッシュでポップな印象を与えます。

レトロ柄

レトロ柄は大正や昭和な雰囲気を感じさせ、個性的な印象を与えます。一風変わった印象がありますが、アンティークな雰囲気はかえって新鮮です。

着物や浴衣に合わせる草履・バッグなどブランド小物をお探しならいくみや呉服店の通販で

浴衣や着物、ブランド小物をお探しの方は当サイトをご利用ください。当サイトでは、様々な色・柄の浴衣を豊富に取り揃えております。優しい色合いやカラフルなもの、柄ものの浴衣、夏の着物として着用できる浴衣もございます。また、「岡重」「和風館」「ツモリチサト」などのブランド着物やブランド小物もご用意しています。
その他バッグや草履ショールアクセサリー髪飾り帯留めなども扱っていますので、浴衣や着物の関連商品なら当サイトをご利用ください。

いくみや呉服店/着物の通販

ショップ名 いくみや呉服店
住所 〒437-0027 静岡県袋井市高尾町3−6
電話番号 0538-43-3030
メールアドレス info@ikumiya.com
URL http://www.ikumiya.com/
業務内容 ブランド着物、ブランド振袖、ブランド浴衣の通販、着物小物の通販
説明 着物の通販はいくみや呉服店へ。岡重や和風館、ツモリチサトやきもの道楽など人気ブランドの着物や振袖、浴衣などを取り揃えております。袋帯など小物も多数ございます。
ページ上部へ