ホーム>自宅で出来る浴衣のお手入れ方法

自宅で出来る浴衣のお手入れ方法

自宅で出来る浴衣のお手入れ方法

浴衣を着用した後には、汗ジミや飲食によるシミが気になるものです。お手入れをしっかり行うことで、浴衣を長く使うことができます。こちらでは、自宅でもできる浴衣のお手入れ方法をご紹介します。

着用後の浴衣をクリーニングに出される方が多くいますが、洗濯表示によっては自宅でお手入れをすることも可能です。その場合、浴衣を洋服のように洗濯機で洗うのではなく、お手入れの基本は手洗いとなります。手洗いする際は、ぬるま湯や熱湯を使うと色落ちすることもあるので、避けた方が良いでしょう。水に手洗い用洗剤、またはおしゃれ着洗いを溶かし、その中に浴衣をたたんだ状態で入れ、優しく押し洗いをするのが基本です。軽くつけ置きし、その後揉み洗いをします。シミがある部分は直接洗剤を馴染ませ、揉み洗いすることをおすすめします。強く洗うと生地を傷めてしまうこともあるので、揉み洗いでも優しく洗うことが大切です。

すすぎは、水を何度か替えて行います。すすいだ後はたたんだまま洗濯ネットに入れ、洗濯機で30秒程度脱水のみ行うと時間短縮に繋がります。脱水後は形を整えて陰干しをし、その際は和装ハンガーを使用すると良いでしょう。手で叩くようにしてシワを伸ばし、乾かしてください。糊付けをすすぎ前に行っておくとパリっとした仕上がりになるので、お好みで取り入れてみてください。ただし、来シーズンまで着用する予定が無ければ、カビの原因にもなりますので、糊付けは避けてください。

当店では「昔ながらの桶洗い」も承っています。ドライクリーニングと違い水で汗や汚れを落とし、プロの手で仕上げることで翌年も気持ちよく浴衣を楽しむことが出来ます。

ブランド浴衣を購入した場合は、お手入れにデリケートになる方もいると思います。ブランド浴衣でも、洗濯表示をしっかり確認してみてください。自宅でお手入れができれば、クリーニングの費用を気にせず気軽に浴衣を楽しむことができます。特にポリエステルの浴衣は洗いにも適した生地ですが、強い脱水は避けてください。短時間でさらっと乾くのも利点です。

ブランド浴衣にもいろいろあり、当サイトでもきもの道楽や岡重、ツモリチサト、和風館など、仕立上りの浴衣や着物を取り扱っています。浴衣はもちろん、草履やバッグなどの小物なども取り扱っていますので、気になる方はぜひ問い合わせください。

ページ上部へ