ホーム>着物と帯の組み合わせ方

着物と帯の組み合わせ方

着物と帯の組み合わせ方

洋服にはボタンやファスナーといった「留め具」が使われています。また、留め具を使わないアイテムもあり、とても簡単に着ることができます。洋服と異なり、着物は帯を使って着付けるという特徴があります。トップスやボトムスの組み合わせを考えて、洋服のコーディネートを楽しむように、着物にも着物や帯、帯留めなどの組み合わせを考える楽しみがあります。

○織物と染物

糸を染めてから織られた先染めのものを織物、糸を織ってから染められた後染めのものを染物と言います。染物は華やかな色合いとしなやかさが特徴で、織物は素朴な感触やしっかりとした地風など独特な風合いがあります。全ての染物、織物に当てはまるわけではありませんが、これを知っておくと着物と帯の組み合わせを考えるのも楽しくなります。染物の着物は京友禅や加賀友禅、絞りなど、織物の着物は大島紬や牛首紬などが挙げられます。染帯のほとんどは九寸名古屋帯、袋帯や八寸名古屋帯のほとんどは織帯です。なかでも西陣織は帯の生産量が一番多く、豪華な袋帯や名古屋帯などが多く作られています。

○着物と帯の合わせ方

着物を着る際には、格や色、材料、素材など、着物と帯の組み合わせを考えます。良い組み合わせだとトータル的に美しい着こなしになります。染めや織り、質感といった素材による格の調和はもちろん、扇子やつる、宝船など、柄にも格があり、格が同じ柄を合わせると良い組み合わせと言えます。色については、モダンで清楚な印象を演出する場合は同系色、粋で個性的な着こなしをする場合は、反対色の組み合わせをします。染めや織りの組み合わせで様々な場面に幅広く用いられるのは、染めの着物と織りの帯という組み合わせです。着物がドレッシーな礼装の場合、光沢のある帯を使えば、格調高い着こなしとなります。着物と帯が染めの場合は、女性らしさがあり、社交着に最適です。着物が織り、帯が染めという組み合わせは趣味性が強く、個性的な着こなしをしたい時に良いでしょう。どちらも織りの組み合わせは、街着や社交着として用いられる他、お稽古の場に相応しい組み合わせです。

着物と帯の組み合わせ方を知ることによって、様々な着こなしを楽しむのはもちろん、場面に合った組み合わせ方も分かってきます。当サイトでは、着物や帯、和小物を取り扱っており、通販にてご提供しております。振袖や留袖、訪問着といった着物はもちろん、袋帯や京袋帯、半巾帯など、帯の種類も豊富です。岡重やツモリチサト、和風館、きもの道楽といったブランド着物なら、通販にも対応している当サイトをご活用ください。

ページ上部へ