ホーム>振袖や留袖といった着物の種類

振袖や留袖といった着物の種類

振袖や留袖といった着物の種類

着物にはいろいろな種類があり、着物に合わせる帯のデザインや結び方、着付けに取り入れる小物も様々なものがあります。洋装でも結婚式や披露宴、気軽なパーティーなどに合わせて衣装を選ぶように、和装もTPOに合った着こなしをすることが大切です。

○打掛や本振袖

白無垢や色打掛、本振袖(引き振袖)は、結婚式の花嫁衣装として知られています。本振袖は、未婚女性の第一礼服とされているので、未婚最後の日にこの花嫁衣装を着るというわけです。白無垢からのお色直しには、鮮やかな色打掛や本振袖が適しています。親族や家族の結婚式・披露宴では、振袖は重要な役割を果たします。一番の主役の花嫁より控えめにしながらも、宴席が華やかになり周囲に喜ばれます。また、成人式などに着た振袖を活用するのもお勧めです。

○黒留袖や色留袖

花嫁衣装や振袖は未婚の女性の第一礼服であるのに対し、既婚女性の第一礼服は黒留袖となります。結婚式では新郎新婦の母親や親族の既婚女性は、黒留袖を着用するのが一般的です。第一礼服の次に格式高いとされているのが色留袖です。色留袖は既婚、未婚関係なく着ることができる準礼装着で、親族や友人の結婚式に着て行くこともできます。

○訪問着や色無地

披露宴やパーティーには、色留袖のほか、訪問着や紋付きの色無地を選ぶことができます。訪問着や色無地は、入学や卒業する本人、または親として出席する際に着用することもあります。デザインや帯の組み合わせによって格式高いパーティーから演劇鑑賞、食事会など、幅広いシーンに着て行くことができます。

○様々な着物の種類

小紋や紬など外出着として着られる着物の種類も豊富です。絞りや更紗などの小紋や全国各地の紬など、趣味で楽しむ着物も幅広くあります。普段の生活の中に着物を取り入れるなら、街歩きなどにも活用できる遠州紬やデニムなどの木綿の着物はいかがでしょうか。

今では既婚や未婚に関係なく、着用することができる着物も多くなっているので、特別な日はもちろん、ちょっとしたお出かけに着物を着る方もよく見かけます。特別な日の衣装ではなく、日常生活に取り入れることで、日本の伝統や文化をより身近に感じることができます。着物に興味がある方は、ブランド着物を豊富に取り扱っている当サイトをご活用ください。岡重や和風館、きもの道楽、ツモリチサトなど、ブランド着物や和小物を豊富に取り扱っています。実店舗もありますし通販にも対応しているので、気になることがあればぜひお問い合わせください。

ページ上部へ