ホーム>日本の伝統衣装である着物

日本の伝統衣装である着物

日本の伝統衣装である着物

本来「着物」という意味は衣服全般を指す言葉でしたが、今では日本の伝統衣装というイメージが強いと思います。より多くの方に着物の良さを知ってもらうために、今日に至るまでの着物の経緯をご紹介いたします。

現在のような着物の形が誕生したのは平安時代になってからと言われています。人それぞれ身長や体格、体型は異なりますが、着物はそれを気にすることなく着付けることができました。なぜなら、着物の原型であるこの時代の着物は直線に裁ち、縫い合わせて作られていたのです。暖房設備が整っていない時代では、着物を重ね着することで寒さをしのいでいたと言われています。直線的な裁断の着物は、重ね着をしても動きやすいようにという工夫であったと思われます。重ね着をするうえで、季節に合わせた色を取り入れたり政治的階級を色分けしたりと、この時代の着物は優雅で華やかなイメージを定着させました。この感覚こそが、日本人の色彩の感性や色の調和を重んじる伝統だと言われています。

鎌倉~室町時代になると、平安時代のものよりも実用的になり動きやすい作りに変化していきます。武家が台頭してきたこの時代は戦も多かったため、より軽装で動きやすさを求めた着物が定着したのです。

安土・桃山時代は歴史上では短い時代であるものの、着物の歴史では大きく飛躍した時代でもあります。戦乱の世から解放された時代でもあり、海外からの情報も多く流入してきたので、新しい染色技術を用いた着物が多く見受けられます。また一般的に小袖を着るようになったのもこの時代からです。

江戸時代は小袖が完成した時代です。現在とほぼ同じ形の着物が着られるようになりました。女性はより美しく煌びやかな色調の着物を好み、デザイン集が発行されるほど多様な着物が人々の暮らしと共に根付いてきました。

現在では洋服を着るのが日常的となっていますが、今でもお宮参りや大学の卒業式、成人式、披露宴といった特別な日には、和装する慣習は残っています。着物は日本の伝統衣装であり、気持ちを落ち着かせることができる奥ゆかしい衣装です。若い世代の方にも積極的にファッションとして取り入れ、着物に親しんでいただきたいものです。

当サイトでは、和風館やきもの道楽、岡重、ツモリチサトといったブランド着物を、通販にて取り扱っています。当店は静岡県袋井市に創業85年の実店舗を構えておりますので、遠方のお客様にも安心して通販をご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ