ホーム>袋帯について

袋帯について

袋帯について

袋帯について

着物をより一層引き立ててくれる帯。帯の組み合わせ次第で、着物は違った顔を見せてくれます。こちらでは、現在主流になりつつある「袋帯」についてご紹介します。

○袋帯とは?

袋帯とは?

両面に模様のある丸帯をより使いやすく簡略化したものを「袋帯」と言います。昭和初期に丸帯が重くて締めにくかったために、呉服業界が物不足の中考え出し一般に広まっていきました。裏を無地にすることでより軽く織られ、当時は袋状に織られていたことから「袋帯」と名づけられたそうです。
幅八寸二分(31cm)、長さ一丈一尺(4m17cm)以上あり、お太鼓結びをする際には、二重太鼓に結びます。柄付けは帯全体に柄がある「全通柄」や六割に柄がある「六通柄」が主流ですが、お太鼓部分と前帯だけに柄がある「お太鼓柄」もあります。

○様々な帯の種類

丸帯

現在では花嫁用以外あまり目にすることのない丸帯。幅一尺八寸(約70cm)長さ一丈一尺五寸(約4m)で、幅広に織った帯地を二つ折りにしているので、芯を入れたときの重さは約3kgにもなります。この重さからも分かるように、豪華で重圧さがあり、丸帯を結んだ姿はとても華やかです。

半幅帯

半幅帯

幅が通常の並幅の半分で四寸(約15cm)です。帯揚げや帯締めを使用せずに様々なアレンジが楽しめるのが特徴です。浴衣用やふだん用、羽織下用、子供帯などに多く使われます。

名古屋帯

幅九寸(34cm)、長さ一丈二尺二寸(4m62cm)で、大正末期に関西を中心に大流行しました。お太鼓になる部分は袋帯と幅は変わりませんが、胴に巻く部分は初めから二つ折りに仕立ててありますので、扱いやすいのが特徴です。礼装の着物には、あまり合わせることはありませんが、紬、小紋、付下げに結びます。

当サイトでは、岡重やツモリチサト、和風館、きもの道楽など、人気ブランドの袋帯を種類豊富に取り扱っております。また、存在感のある西陣織の帯もデザイン豊富にご用意しております。通販でワンランク上の着物や帯を購入するなら、ぜひ当サイトをご利用ください。

ページ上部へ