ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト

着物のアラカルト

浴衣の洗濯のポイントとは


夏のお祭りや花火大会などのイベントに浴衣を来て出掛けると、いつもと違った装いに華やいだ気分になって、楽しさも倍増するのではないでしょうか。

しかし、夏場のことですからどうしても汗をかきやすく、浴衣に汗ジミを残さないためにも、次回のお出掛けのためにも、こまめに浴衣のお手入れをすることが必要です。

今日は少し早いですが、もし浴衣を洗濯することになった時のことをお話ししましょう。

まず、洗っているうちにえりの芯が動いてしまったり、ねじれてしまわないように、あらい目で構いませんからえりにしつけをかけると良いでしょう。

また、シミや汚れがある場合は、しみ抜きをするためにおしゃれ着洗い用の洗剤を歯ブラシなどにつけて、軽く叩いたり、こすったりして、出来るだけきれいにしておきましょう。

それから、そでやえりなどに気をつけながら浴衣をたたみ、その上でおしゃれ着洗い用の洗剤で洗濯機の手洗いコースを使う、ネットにも入れるなどの手当てをしっかりとおこなって洗いましょう。

放置してしわを作ってしまわないように、脱水後すぐに干すことが肝心ですが、出来れば陰干しにしたほうが良いのですが、日向に干す場合には裏返しにして、和装用のハンガーなどを使うと良いでしょう。

当店でも「昔ながらの桶洗い」という方法で浴衣のクリーニングを承っていますの、ご心配の方はご相談ください。

浴衣の小物の選び方

いよいよ夏本番、それ以上の暑さが押し寄せてきましたね。

そして花火大火も徐々に始まり、浴衣を着ることが多くなります。
 

その時、浴衣や帯を重点的に見て小物をあまり気にしない、そんなことはありませんか?

小物は、浴衣や帯を際立たせる重要なものです。

今回は、浴衣の小物の選び方を紹介していきます。

 

まずは、バッグです。一般的には巾着を持つことが多いでしょう

着物用のバッグの中から選ぶと思われがちですが、ポイントを押さえておけば着物用のバッグでなくても問題ありません。

持ちてが短めのもの、肩掛けしないもの、縦長よりも横長のものを選ぶ、こういったことを注意すれば、浴衣に合ったものが選びやすくなります。

次は、下駄です。

浴衣では素足に下駄が基本です。

台の下に2本の歯が付いていて歩くとカランコロンと音がするものが主流でした。

最近では、フラットな底にゴムが付いており、あまり音の出ないものも多くあります。

選ぶ時には、ちょうどのサイズあるいはかかとが少し出るくらいのサイズ、重いものは避ける、という点を注意しておきましょう。

最後は帯に合わせる帯〆(飾りひも)と帯留めです。

これらは半幅帯の時は付けないことも多いのですが、ちょっとしたおしゃれとして
またアクセントとして浴衣姿を引き立てるのに役立つでしょう。

帯〆(飾りひも)は低価格のものもあり、好みによってはビーズなどの飾りがついたものもよろしいでしょう。

場違いなイメージを持たれてしまうほどの飾りがついたものは出来るだけ避け、あくまで浴衣のイメージをアップさせるために用いてください。

また帯留めは帯〆につけて用いますが、あまり豪華にになりすぎすできるだけシンプルなものの方が浴衣には合うでしょう。

例えばトンボ玉などポイントになるような色柄、季節感を感じるか、といった点も見ておきましょう。

小物を浴衣に合わせて選ぶことで、より浴衣を際立たせることができます。

浴衣をきれいに着こなしませんか?

下駄が苦手な人でも歩きやすい鼻緒とは


和服に合わせる下駄ですが、やはり履きなれないものを履くと痛くなりますよね。
最近では和服、特に袴などの下にブーツを履く人もいますが、やはり日本古来の和服には、下駄や草履が一番似合います。
 


そこで今回は、下駄が苦手な人でも歩きやすい下駄の鼻緒についてご紹介します。
 
 
まず、下駄を履いて痛くなる一番の部分は鼻緒です。
下駄で歩くときには鼻緒を指で詰まんで歩くので、鼻緒を挟む指の力が必要になります。

本来は、少し硬いくらいが歩きやすいのですが、硬すぎると靴ずれを起こしてしまいます。
鼻緒が挟みやすい柔らかさで、歩きやすい硬さというよいさじ加減の鼻緒を選ぶのがよいでしょう。

もちろん、初めは硬くても履きなれていくうちに柔らかくなっていき、馴染んでくるものなので、ある程度の硬さはあってもいいですが、初めからつかみやすい鼻緒の方が履き心地はよいといえます。
 
また、鼻緒が足の甲にあたった部分が擦れて痛いということもあります。
こうならないためには、柔らかい素材を使ったものを選ぶと良いでしょう。
 


このように、素材を選ぶだけで下駄の履きにくさというのは大きく緩和されます。

下駄というものは、履きなれてくるにつれて、馴染んでくるものでもあるので、
慣れないうちは絆創膏などを擦れる箇所にはって対処するのもよいでしょう。
 

下駄と草履の違いとは


和服に合わせる靴として下駄や草履を持っている方がほとんどでしょう。
この下駄と草履、違いをしっかりと分かっていますか?
意外とわからず、適当に使い分けてしまっている人も少なくないのではないでしょうか。
 


そこで今回は下駄と草履の違いについてご説明します。
 
 

まず、材質そのものの違いとしては下駄は木製であるのに対して、草履は藁やいぐさ、ビニールやコルクと様々な素材で出来ています。

また、底の部分の違いとしては下駄は2本の歯がついていますが、草履はフラットな底になっています。
 

そこで、実際どういう時に使い分けたらよいのかということですが、
基本的には、浴衣を着たときは下駄を履き、着物を着たときには下駄か草履を履くという使い分けになっています。

着るものだけでなく、どこに行くかも下駄と草履を履くか変わってくるもので、近所へ出かけたりするときには下駄を履き、フォーマルな場所に出かける際には草履を履くのがよいでしょう。
 


このように、下駄と草履は時と場合、着る着物によって変わってくるものです。
しっかりとTPOを意識して下駄と草履を履き分けましょう。

いくみや呉服店の浴衣について


浴衣は日本の夏の風物詩のようなもので、年に一度、夏のお祭りなどに着ようという方も多いのではないでしょうか。
せっかくの浴衣なのですから、一つはいいものを持っておきたいですよね。


今回は、商品に自信を持っているいくみや呉服店の浴衣についてご紹介します。

いくみや呉服店の浴衣のなかには、東レのセオ・アルファというもので作られているものが多数あります。このセオ・アルファというものは、汗をサッと吸い取り、素早く発散し、さわやかな肌触りを実現している素材です。さらさらとしたドライ感もあり、着心地は清涼感のあるものとなっています。軽くてさらさらしながらも、適度なハリがあって、美しい浴衣姿を保つことができます。

また、ご家庭での洗濯も可能なので、着るたびにクリーニングに出す必要もありません。

そして、衿と脇の部分には、デオドランテープという素材が縫い込まれていて、消臭効果と抗菌効果を発揮します。
 

浴衣を着るのは暑いし、汗をかいてしまったら浴衣も汚れてしまうしと思って、あまり浴衣を着れない方もいらっしゃるでしょう。着心地の良い、いくみや呉服店の浴衣を着て、夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

半幅帯って

皆さんは半幅帯という言葉を耳にされたことはありますか?

今回は半幅帯についてお話していこうと思います。

半幅帯とは、帯の幅が普段の袋帯の幅のおよそ半分になっています。

そのため、幅のある帯が大変面倒という方にはかなり向いている商品です。

幅が半分のため軽さもあり着こなすことが簡単になっています。

また、デザインもカジュアルなものも多く、様々な種類の中から選択することができます。

着物や浴衣に無地や柄が少ないものには合わせやすいかもしれません。

そして構造も様々なものがあります。

「小袋帯」とは袋帯のように表裏別々の生地のものを言いますし、単衣用の一枚の生地のものもあります。

また本格的な西陣織や博多織の半幅帯からポリエステル製のものまで、素材や柄はとても豊富です。

このように半幅帯にはかなりの種類がありますが、一番多く用いられるのは浴衣の帯なのです。

浴衣用にはすでに帯結びがしてあり、背中と前帯が別々のものも売られています。

廉価な浴衣セットはこのタイプのものが組み合わされていることが多いのです。

しかし若い方が着物を始める第一歩として、浴衣は自分で着て本来の半幅帯を自分で結ぶことを覚えていただきたいものです。


また年齢の高い方は、小紋や紬のカジュアルな着物に半幅の本筑博多帯などを粋に締めるのも味わい深いものですね。

今帯選びで悩んでらっしゃる方は一度情報を調べてみてください。

自分の好みな商品を見つけられると浴衣や着物を着るのが楽しくなりますよ。

せっかく着るなら楽しいほうがいいですよね。

京袋帯って

皆さんは京袋帯について耳にされたことはありますか?

今回は京袋帯についてお話していこうと思います。

京袋帯と聞いて京都を思い浮かべるかたもいらっしゃることでしょう。

しかし構造は名古屋帯にかなり似ているんです。

京袋帯は中が空洞の袋帯です。

2重の生地を用いて作られています。

2枚の生地が使用されているため、正直かなり重たくなっています。

また長さも名古屋帯と同じ長さなので注意が必要です。

通常の袋帯は短くなっているためかなり結ぶのが容易になっていますが、京袋帯は長さが長いため一度折って使用しなくてはいけません。

そのため手間がかかってしまいますよね。

使用される際は一度しっかりつけてみることをお勧めします。

京袋帯はカジュアルなものがあまりありません。

デザインで選ぶのではなく使いやすさを重視してみてください。

いかがでしたでしょうか?

京袋帯は知名度も低くマイナーなものかもしれません。

しかし品が高くずっしりした雰囲気を醸し出すことができます。帯も好みによって変わってくるので十分な検討が必要です。一度迷った方は相談に来てみてください。しっかりとアドバイスをもとに帯選びをしてみてくださいね。

 

着物の保管方法とは?


着物を買い、着た後は、家で着物を保管すると思います。

しかし、着物の保管には、いくつか注意点があるのです。

今回は、着物を保管する際の注意点を紹介します。

 

まずは、湿気です。

着物は長い時間湿気にさらされることで生地を傷めたり、カビが生えてしまうこともあります。

特に押し入れは湿気がこもりやすいため、防湿材は必要不可欠です。

着物を収納する最適な場所は、通気性が良く、防虫効果もある桐の箪笥か衣装箱です。

もしも桐箪笥が家に無いのであれば、量販店で購入できるプラスチックの衣装箱でも大丈夫です。

プラスチックの衣装箱を使う際には、防湿・防カビ対策を行い、こまめに風を通すようにしましょう。

 

次は、防虫対策です。

特に天然の絹素材などで織られた着物を食べる害虫もいますので、放置しておくと食い荒らされることがあります。

ただし、着物は非常に繊細な生地で作られているので防虫剤の使用には十分注意しましょう。

防虫剤から発せられるガスによって生地を傷めてしまったり、金属糸の変色が起こることがあります。

防虫剤は、着物から少し離れた位置に紙に包んで置いておきましょう。

 

大切な着物を長く着れるように、保管する際には注意しておくと良いです。

着物のメンテナンスの流れとは

着物のメンテナンスの流れとは


着物では、かつて作って年月が過ぎてしまっているものや、譲り受けたものを着用する場合には、一度、しっかりとしたメンテナンスを行った上で着用をする方が美しく見せることができるようになります。

改めて着用をする場合には、まずは着物の状態を見ることが大切なことになり、ここでは、実際に羽織ってみて、身丈にあっているか見る必要があります。

もし、丈が短いなど、体に合っていない場合には仕立て直しの依頼をする必要があり、特に女性の場合には、裏地となる胴裏と八掛けがあるために、擦り切れたり、変色をしていた場合いは新しくする必要があります。

着物のメンテナンスでは、専門店への依頼が最適な方法となりますが、この場合には、直しやシミなどの汚れ取りとなる洗い張りを含めて、希望によっては染め替えや刺繍直しなど、着物全般に対してのメンテナンスを行なうことができるようになっています。

メンテンンスの流れとしては、まず、大体の見積もりをだしてもらう必要がありますが、専門店では、見積提示と併行して、現状詳細や金額に関する内容の説明を行なうことになります。

この時点で高額となるようであれば、一度見合わせることも1つの方法となります。

関東と関西で違う着物事情とは


着物は、好みや、着用における取決めには個人や地域によっても違いがあるものの、大きくは、関東と関西に分けることができます。

その違いは関東の武家文化と関西の公家文化によるものが大きく、そこで好まれる絵柄等にも違いを見ることができます。

まず、知られているものの1つに帯があり、帯のまき方、時計回りが関東巻、反時計回りが関西巻となります。

その理由としては諸説ありますが、公家文化ではお付きの人に巻いてもらっていたことや、武家文化では、刀を差す時にひっかからないようにするためなどと言われています。

長襦袢の衿の仕立てにも関西衿と関東衿があることも知られています。

特徴として、関西衿には別衿がついていることから衿が合わせやすいことがあります。

一方、関東襟の場合には、男性用として用いられる、いわゆる長襦袢に用いられる形となり、着用ではすっきりした印象を与えてくれます。

着物に関しては、喪服にも違いを見ることができます。

現在では大きな違いは少なくなっていますが、一昔前は、喪服は関東では羽二重、関西では縮緬だったことがあり、関東ではすっきりとした印象、関西では柔らかさをもった印象のものが利用されていました。

ページ上部へ