ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>浴衣の小物の選び方
着物のアラカルト

浴衣の小物の選び方

いよいよ夏本番、それ以上の暑さが押し寄せてきましたね。

そして花火大火も徐々に始まり、浴衣を着ることが多くなります。
 

その時、浴衣や帯を重点的に見て小物をあまり気にしない、そんなことはありませんか?

小物は、浴衣や帯を際立たせる重要なものです。

今回は、浴衣の小物の選び方を紹介していきます。

 

まずは、バッグです。一般的には巾着を持つことが多いでしょう

着物用のバッグの中から選ぶと思われがちですが、ポイントを押さえておけば着物用のバッグでなくても問題ありません。

持ちてが短めのもの、肩掛けしないもの、縦長よりも横長のものを選ぶ、こういったことを注意すれば、浴衣に合ったものが選びやすくなります。

次は、下駄です。

浴衣では素足に下駄が基本です。

台の下に2本の歯が付いていて歩くとカランコロンと音がするものが主流でした。

最近では、フラットな底にゴムが付いており、あまり音の出ないものも多くあります。

選ぶ時には、ちょうどのサイズあるいはかかとが少し出るくらいのサイズ、重いものは避ける、という点を注意しておきましょう。

最後は帯に合わせる帯〆(飾りひも)と帯留めです。

これらは半幅帯の時は付けないことも多いのですが、ちょっとしたおしゃれとして
またアクセントとして浴衣姿を引き立てるのに役立つでしょう。

帯〆(飾りひも)は低価格のものもあり、好みによってはビーズなどの飾りがついたものもよろしいでしょう。

場違いなイメージを持たれてしまうほどの飾りがついたものは出来るだけ避け、あくまで浴衣のイメージをアップさせるために用いてください。

また帯留めは帯〆につけて用いますが、あまり豪華にになりすぎすできるだけシンプルなものの方が浴衣には合うでしょう。

例えばトンボ玉などポイントになるような色柄、季節感を感じるか、といった点も見ておきましょう。

小物を浴衣に合わせて選ぶことで、より浴衣を際立たせることができます。

浴衣をきれいに着こなしませんか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/208

ページ上部へ