ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>半幅帯って
着物のアラカルト

半幅帯って

皆さんは半幅帯という言葉を耳にされたことはありますか?

今回は半幅帯についてお話していこうと思います。

半幅帯とは、帯の幅が普段の袋帯の幅のおよそ半分になっています。

そのため、幅のある帯が大変面倒という方にはかなり向いている商品です。

幅が半分のため軽さもあり着こなすことが簡単になっています。

また、デザインもカジュアルなものも多く、様々な種類の中から選択することができます。

着物や浴衣に無地や柄が少ないものには合わせやすいかもしれません。

そして構造も様々なものがあります。

「小袋帯」とは袋帯のように表裏別々の生地のものを言いますし、単衣用の一枚の生地のものもあります。

また本格的な西陣織や博多織の半幅帯からポリエステル製のものまで、素材や柄はとても豊富です。

このように半幅帯にはかなりの種類がありますが、一番多く用いられるのは浴衣の帯なのです。

浴衣用にはすでに帯結びがしてあり、背中と前帯が別々のものも売られています。

廉価な浴衣セットはこのタイプのものが組み合わされていることが多いのです。

しかし若い方が着物を始める第一歩として、浴衣は自分で着て本来の半幅帯を自分で結ぶことを覚えていただきたいものです。


また年齢の高い方は、小紋や紬のカジュアルな着物に半幅の本筑博多帯などを粋に締めるのも味わい深いものですね。

今帯選びで悩んでらっしゃる方は一度情報を調べてみてください。

自分の好みな商品を見つけられると浴衣や着物を着るのが楽しくなりますよ。

せっかく着るなら楽しいほうがいいですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/172

ページ上部へ