ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>京袋帯って
着物のアラカルト

京袋帯って

皆さんは京袋帯について耳にされたことはありますか?

今回は京袋帯についてお話していこうと思います。

京袋帯と聞いて京都を思い浮かべるかたもいらっしゃることでしょう。

しかし構造は名古屋帯にかなり似ているんです。

京袋帯は中が空洞の袋帯です。

2重の生地を用いて作られています。

2枚の生地が使用されているため、正直かなり重たくなっています。

また長さも名古屋帯と同じ長さなので注意が必要です。

通常の袋帯は短くなっているためかなり結ぶのが容易になっていますが、京袋帯は長さが長いため一度折って使用しなくてはいけません。

そのため手間がかかってしまいますよね。

使用される際は一度しっかりつけてみることをお勧めします。

京袋帯はカジュアルなものがあまりありません。

デザインで選ぶのではなく使いやすさを重視してみてください。

いかがでしたでしょうか?

京袋帯は知名度も低くマイナーなものかもしれません。

しかし品が高くずっしりした雰囲気を醸し出すことができます。帯も好みによって変わってくるので十分な検討が必要です。一度迷った方は相談に来てみてください。しっかりとアドバイスをもとに帯選びをしてみてくださいね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/171

ページ上部へ