ホーム>店主ブログ>2018年3月

2018年3月

半幅帯って

皆さんは半幅帯という言葉を耳にされたことはありますか?

今回は半幅帯についてお話していこうと思います。

半幅帯とは、帯の幅が普段の袋帯の幅のおよそ半分になっています。

そのため、幅のある帯が大変面倒という方にはかなり向いている商品です。

幅が半分のため軽さもあり着こなすことが簡単になっています。

また、デザインもカジュアルなものも多く、様々な種類の中から選択することができます。

着物や浴衣に無地や柄が少ないものには合わせやすいかもしれません。

そして構造も様々なものがあります。

「小袋帯」とは袋帯のように表裏別々の生地のものを言いますし、単衣用の一枚の生地のものもあります。

また本格的な西陣織や博多織の半幅帯からポリエステル製のものまで、素材や柄はとても豊富です。

このように半幅帯にはかなりの種類がありますが、一番多く用いられるのは浴衣の帯なのです。

浴衣用にはすでに帯結びがしてあり、背中と前帯が別々のものも売られています。

廉価な浴衣セットはこのタイプのものが組み合わされていることが多いのです。

しかし若い方が着物を始める第一歩として、浴衣は自分で着て本来の半幅帯を自分で結ぶことを覚えていただきたいものです。


また年齢の高い方は、小紋や紬のカジュアルな着物に半幅の本筑博多帯などを粋に締めるのも味わい深いものですね。

今帯選びで悩んでらっしゃる方は一度情報を調べてみてください。

自分の好みな商品を見つけられると浴衣や着物を着るのが楽しくなりますよ。

せっかく着るなら楽しいほうがいいですよね。

京袋帯って

皆さんは京袋帯について耳にされたことはありますか?

今回は京袋帯についてお話していこうと思います。

京袋帯と聞いて京都を思い浮かべるかたもいらっしゃることでしょう。

しかし構造は名古屋帯にかなり似ているんです。

京袋帯は中が空洞の袋帯です。

2重の生地を用いて作られています。

2枚の生地が使用されているため、正直かなり重たくなっています。

また長さも名古屋帯と同じ長さなので注意が必要です。

通常の袋帯は短くなっているためかなり結ぶのが容易になっていますが、京袋帯は長さが長いため一度折って使用しなくてはいけません。

そのため手間がかかってしまいますよね。

使用される際は一度しっかりつけてみることをお勧めします。

京袋帯はカジュアルなものがあまりありません。

デザインで選ぶのではなく使いやすさを重視してみてください。

いかがでしたでしょうか?

京袋帯は知名度も低くマイナーなものかもしれません。

しかし品が高くずっしりした雰囲気を醸し出すことができます。帯も好みによって変わってくるので十分な検討が必要です。一度迷った方は相談に来てみてください。しっかりとアドバイスをもとに帯選びをしてみてくださいね。

 

春の大感謝祭スタート

本日より3月12日まで春大感謝祭が始まりました。

今回は特に訪問着と袋帯をお安くしています。

訪問着は最も重宝する大切な礼装用着物です。

こちらはチラシ広告の品です。

201831114328.jpg

この2点通常の当店での「お誂えお仕立て上がり価格」は

285,000円(表地、正絹胴裏、湯のし、ガード加工、帯芯、仕立て代の合計)です。

これを188,000円でお求めいただけます。

その他にも訪問着と袋帯は通常の店頭表地価格から2割引き、

さらには超特価として半額の奉仕をしているものもあります。

本加賀友禅・京友禅の訪問着、河村織物など老舗西陣織メーカーの袋帯など価値ある品が多くそろっています。

絶好の機会ですので、ご来店の上、将来必要になると思われる「訪問着と袋帯」をお見分けくださいませ。

今回の広告チラシです。

20183112348.jpg

ページ上部へ