ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>着物の保管方法とは?
着物のアラカルト

着物の保管方法とは?


着物を買い、着た後は、家で着物を保管すると思います。

しかし、着物の保管には、いくつか注意点があるのです。

今回は、着物を保管する際の注意点を紹介します。

 

まずは、湿気です。

着物は長い時間湿気にさらされることで生地を傷めたり、カビが生えてしまうこともあります。

特に押し入れは湿気がこもりやすいため、防湿材は必要不可欠です。

着物を収納する最適な場所は、通気性が良く、防虫効果もある桐の箪笥か衣装箱です。

もしも桐箪笥が家に無いのであれば、量販店で購入できるプラスチックの衣装箱でも大丈夫です。

プラスチックの衣装箱を使う際には、防湿・防カビ対策を行い、こまめに風を通すようにしましょう。

 

次は、防虫対策です。

特に天然の絹素材などで織られた着物を食べる害虫もいますので、放置しておくと食い荒らされることがあります。

ただし、着物は非常に繊細な生地で作られているので防虫剤の使用には十分注意しましょう。

防虫剤から発せられるガスによって生地を傷めてしまったり、金属糸の変色が起こることがあります。

防虫剤は、着物から少し離れた位置に紙に包んで置いておきましょう。

 

大切な着物を長く着れるように、保管する際には注意しておくと良いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/197

ページ上部へ