ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>関東と関西で違う着物事情とは
着物のアラカルト

関東と関西で違う着物事情とは


着物は、好みや、着用における取決めには個人や地域によっても違いがあるものの、大きくは、関東と関西に分けることができます。

その違いは関東の武家文化と関西の公家文化によるものが大きく、そこで好まれる絵柄等にも違いを見ることができます。

まず、知られているものの1つに帯があり、帯のまき方、時計回りが関東巻、反時計回りが関西巻となります。

その理由としては諸説ありますが、公家文化ではお付きの人に巻いてもらっていたことや、武家文化では、刀を差す時にひっかからないようにするためなどと言われています。

長襦袢の衿の仕立てにも関西衿と関東衿があることも知られています。

特徴として、関西衿には別衿がついていることから衿が合わせやすいことがあります。

一方、関東襟の場合には、男性用として用いられる、いわゆる長襦袢に用いられる形となり、着用ではすっきりした印象を与えてくれます。

着物に関しては、喪服にも違いを見ることができます。

現在では大きな違いは少なくなっていますが、一昔前は、喪服は関東では羽二重、関西では縮緬だったことがあり、関東ではすっきりとした印象、関西では柔らかさをもった印象のものが利用されていました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/194

ページ上部へ