ホーム>店主ブログ>新入荷商品>マム 菊? 博多織八寸名古屋帯
新入荷商品

マム 菊? 博多織八寸名古屋帯

世界最高級品質を誇るブラジル産「プラクタ生糸」で織った本筑博多帯(未仕立て)

前回紹介したホルンの帯を製作している本筑博多織の「西村織物」さんのすっきりとした帯の紹介です。

201829112316.jpg

この帯のタイトルは「MONO マム]です。

「MONO」は帯のシリーズの名称、マムは・・・?

調べてみるとマムは菊と同じ原産国の中国から欧米に渡り品種改良され日本に輸入されたお花のことでした。

この帯の柄は、バルーンマムと呼ばれ、花全体が球状になっているもののようですね。

薄い水色をベースに白の大きなマムが特徴の帯です。

以下西村織物さんによる説明文を紹介します。

「MONO」は単一モチーフを連続展開したミニマルデザインに、凹凸と微妙な光沢感がある 「フクレ織」の技法で、織り上げた紋八寸なごや帯です。

素材にもこだわり、絹糸の世界最高品質を誇る、プレミアム・ブラジリアン・シルク、“ブラタク糸”を使用しています。上質でぜい沢な織味と、確かな品質の風合いをお楽しみください。

素材:絹100%

この品はオンラインショップには掲載しませんので、ご興味のある方はお電話又はメールでお問い合わせください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/189

ページ上部へ