ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>自分に合った着物のサイズって?
着物のアラカルト

自分に合った着物のサイズって?

最近では、成人式や結婚式以外でも、普段着として着物を着用する方もいらっしゃるほど、着物文化が見直されています。
みなさんの中でも、着物を素敵に着こなしてみたいと思われる方がいらっしゃるのではないでしょうか。
 

しかし、自分の背丈に合った着物を選ぶのは難しいですよね。
そこで今回は、自分に合った着物のサイズについてご紹介したいと思います。

まず、襟元の中心から裾までの長さである身丈は、身長と同じ長さがベストでしょう。
しかし、自分の身長に合ったサイズの着物を見つけるのはなかなか難しいので、5センチ以内の誤差ならば、許容範囲内と言えるでしょう。

次に、袖口から首襟の中心までの長さである裄丈は、少し測るのが難しいです。
腕を斜め45度に下げて、伸ばした状態にして首元の中心から手首までの長さを測ります。
この際、肩の先を通るようにすることがポイントです。

そして、袖丈は袖の上部から下部までの全体の長さを表し、一般的には50センチほどと言われています。

呉服店で着物を作るときにはお店の方が採寸するか、参考になる見本の着物を試着して身丈や裄を加減すれば大きな間違いはないでしょう。

着物は、大きすぎても、反対に小さすぎても見栄えが悪くなってしまうので、自分にぴったりのサイズのものを着用する必要があります。

着物を着る際には、ぜひ参考にしてみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/184

ページ上部へ