ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>粋な草履のはき方
着物のアラカルト

粋な草履のはき方

着物のアラカルトのカテゴリでは、着物の種類などをわかりやすく紹介しています。


せっかく着物を着る機会があるなら少しでも粋に見られたい気持ちもありますよね!

今回は見せ方ひとつで大きく変わる粋な草履の履き方をご紹介したいと思います。

なぜ多くある小物の中から草履なのか?と思われる方も多いと思いますが、履物というのは歩き方に直結しているものなので、どんなものを選ぶか?やどんな履き方をするのか?によって立ち振る舞いで「雰囲気」を作るということができてしまうということがあるからです。

普段は足の指先の奥の方まで入れてしまうことが多いと思うのですが、その方法ではなく、指先にちょっとひっかけて履く、つまり「履く」というより「ひっかける」という感覚で履く履き方をおすすめします。

これは男性も女性も同じですが、そうすることによって作り歩きに色気が出るからです。

実際にはとても慣れが必要なのですが、こだわる人は例えば鼻緒の位置を付け変えてみたり、サイズをワンサイズ小さめなものを選ぶなどして普通に履いて粋に見えるように草履自体を調整してしまう人もいます。

ただし、これは時と場合によってかわって、留袖や振り袖など格の高い装いの場合には避けた方がよく、あくまでも装いの格に立ち振る舞いを合わせるのが基本です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/181

ページ上部へ