ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>振袖の種類(中振袖・小振袖)について
着物のアラカルト

振袖の種類(中振袖・小振袖)について

着物のアラカルトのカテゴリでは、着物の種類などをわかりやすく紹介しています。

着物の種類紹介シリーズ、今回は振袖における中振袖、小振袖について説明をしていきたいと思います。

おそらく振袖、と言われて皆さまの頭に浮かぶ着物のイメージは成人式で着用するような振袖ではないでしょうか?
現在、成人式で着用される振袖の大部分は大振袖ですが、中振袖と言われるものも多数見かけます。

前回紹介した大振袖の袖の長さに対し、中振袖は2尺5寸(95cm)、小振袖は2尺(76cm)という袖の長さの基準で分けられています。

中振袖も未婚女性の正装であり、成人式やゲストとして出席する場合の結婚式などに着て行くことが可能です。


一方小振袖は卒業式などの場面で着用することが一般的です。
また小振袖は既婚女性が着用してもよいとは言われているものの、第一正装とはならないので、場所やシーンを選ぶことが必要になってきます。

また、近年は成人式用の振袖にはたくさんの種類の柄が存在します。
昔ながらの牡丹や菊、鶴。一方で西洋的な花であるバラなどの柄も登場しています。


いかがでしたか?
未婚のうちなら様々なシーンで着ることのできる振袖、ご自分の好みにあった色、柄の振袖を持つというのも悪くないかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/164

ページ上部へ