ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>小紋って?
着物のアラカルト

小紋って?


着物のアラカルトのカテゴリでは着物についてわかりやすく紹介しています。

着物にはご存知のとおり様々な種類があります。
いろんな種類の名前はよく聞くけれど、実際他との違いがいまいちよくわからない、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、小紋と呼ばれる着物をご紹介します。


まず小紋の見た目の特徴として、柄が着物の全体に、あまり上下などの向きに関係なく入っている、ということが言えます。
つまり着物全体に1つの柄が入っているのではなく、例えば毬や花の柄が全身にたくさん入っているものです。
浴衣などによくある柄を想像してもらえればよいかと思います。

次に小紋を着るシチュエーションです。
小紋は、訪問着などの正装ではなく、普段着に位置づけられます。
お稽古事や、観劇、街歩きなど普段の生活の場面で着る着物となっています。
ですので、小紋は礼装にはならにものの、柄によってはセミフォーマルとして着ていただくことも可能です。
華やかな小紋は結婚式の二次会に着て行くこともできるのです。

また紅型や更紗、江戸小紋など、小紋は柄や染め方によって様々に分類されます。

いかがでしたか?
着物のなかの小紋という種類について、少し知っていただくことができたでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/153

ページ上部へ