ホーム>店主ブログ>着物のアラカルト>袋帯ってどんなもの?
着物のアラカルト

袋帯ってどんなもの?

「着物のアラカルト」のカテゴリーでは着物について、いろいろな知識をお届けしています。

着物を着ると帯が必要になってきますよね。

浴衣なら締める帯に気を使わないこともあると思いますが、フォーマルな場所では袋帯を使うことが一般的です。
今回は、そんな袋帯について紹介します。

主には振袖や訪問着などの礼装用着物にあわせてしめる帯ですが、紬などのカジュアル向けのものもあります。

キラキラとした金箔を使った豪華なものから無地調のシンプルなもの、ざっくりと織られたものなど品質も様々です。

京都の西陣は袋帯の一大生産地で、江戸時代以前から続いている機屋もあります。

袋帯という名前は帯の形状からくるもので、表地と裏地の2枚の生地を縫い合わせて袋状に仕立てられている帯です。

かつては長さが1丈2尺(4m54㎝)、巾は8寸(30.3cm)の仕上がりだったのですが、現在は帯巾8寸2分(31.1㎝)が主流で長さも長くなっています。

袋帯は、芯を入れるか入れないかで仕立て方が異なっています。

芯を入れずに仕上げる方法を端かがりと呼びます。
芯を入れずに開いている帯の端をかがる方法です。
一般的な仕立て方で、界切線が見えないように仕立てています。

一方の芯を入れる方法を芯入れ仕立てと呼びます。
これは、名前の通り袋帯に芯を入れて仕立てをする方法です。
帯芯には通常薄めの袋帯用の綿芯を使っています。

帯の品質にもよりますが、一般的には芯を入れて仕立てたほうがより長く安心して締めることができます。

実際に購入するときは呉服店によく聞いて芯を入れる入れないをアドバイスしてもらいましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ikumiya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/151

ページ上部へ