ホーム>店主ブログ>2017年12月

2017年12月

刺繍がユニークな2枚の羽織(和風館)

今年最後のブログです。本年も一年ありがとうございました。

お正月のスケジュールもすでに組まれ、初詣に出かけようと思われている方も多いでしょう。


今日は初詣や新年のご挨拶にもちょっとしおしゃれ心で袖を通すことができる和風館の羽織をご紹介します。

まずは明るい緑の市松の羽織です。

20171231143050.jpg

後ろの右下にねこが可愛らしく刺繍されています。

前からはわからないので人が多く歩く初詣の時などは、後ろの方が興味深くみられるのではないでしょうか?

詳しくはオンラインショップのページをご覧ください。

この羽織のページはこちらです。(haori019:羽織 和風館 市松格子にねこ 黄緑 仕立済

 

次に墨色の地紋の市松にカラスが刺繍された羽織です。

20171231143916.jpg

こちらも後ろの右下に2羽のカラスが刺繍されています。

黒っぽい色の地に黒っぽい刺繍です。普段とは違う独特の雰囲気を感ずるかもしれませんね。

和風館や岡重に登場するカラスは3本足のヤタガラスでしたが、この品のカラスは2本足に見えます。

もう一本はどこかに隠れていると思って、おめでたいヤタガラスにしておくのもよろしいのでは。

この羽織のページはこちらです。(haori018 羽織 和風館 カラス 黒 仕立済

 

とても満足いただける内容のブログではございませんが、来年も引き続き掲載させていただきます。

なお実店舗は1月4日(木)から営業いたします。

元旦の三ケ日でも対応できる場合がありますので、何かご用事がございましたら電話にてご連絡ください。

電話番号:0538-43-3030
いくみや呉服店

ふくろいまちじゅうひなまつりプロジェクト 始動

1月1日より「可睡斎ひなまつり」と「ふくろいまちじゅうひなまつり」が開催されます。

当店でもすでにウインドーに飾りつけができています。

20171229182920.jpg

今年は3段飾りでうるしぬりの立派な飾り段です。

お買い物に行けばそれぞれのお店にちがうおひなさま、

銀行や公共施設にもそして袋井の玄関口のJR袋井駅にもいろいろなタイプのおひなさまが飾られています。

さらに今年はスタンプラリーも同時に行われ

「可睡斎ひなまつり」と「まちじゅうひなまつりの協賛店舗2か所」

(当店も協賛店舗です)。合計3つのスタンプを集め、

観光協会(JR袋井駅北口のエスカレータ登り口)にもっていけば、

先着200名様に「ひなまつり小てぬぐい」プレゼント、

抽選で袋井市の特産品「クラウンメロン」が当たるかも。

袋井へお越しの際は、いくみやへもぜひお越しください。

1月4日より営業します。ただし水曜日はお休みです。

まちじゅうひなまつりのパンフレット、スタンプラリーの台紙も兼ねています。

20171229191837.jpg

可睡斎ひなまつりのパンフレット

20171229192125.jpg

 

 

着物を長時間着れるようにするには

着物は体を締め付けられるので自然と姿勢が良くなり、凛とした佇まいができます。
一方で、長時間着物を着ていると息苦しくなることもあります。
そこで今回は着物を着ていて息苦しくなったときの対処法をご紹介します。

まず、着付けるときですが、お腹に少し空気を入れた状態で締めてもらってください。
お腹に空気が入っていないぺちゃんこの状態で帯をきつく締められると、息を吸ったときに空気の入るスペースがなくなるからです。
そして、着付けた後はゆっくりとしたペースで歩くようにしましょう。
デートの場合は、あらかじめ彼に歩幅を合わせてもらうようにお願いしておくと良いです。

万が一、歩いていて息苦しくなった場合は、帯を少し緩めてください。
緩め方は、両方の親指を帯と着物の間に入れて左右にぐっと広げるように動かします。
緩めすぎると着崩れしやすくなりますので、少しだけ緩めましょう。
きついものを緩めるのは簡単ですが、緩いものをきつくするのは難しいからです。

着物を快適な状態で着ていられるように、息苦しくなったときの対処法は覚えておきましょう。
                                                    

年末年始の営業ご案内

本年も残りわずかとなりました。

地元の皆様そしてネット通販でお買い上げいただいた皆様まことにありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

実店舗の営業ご案内

本年は年内いっぱい通常通り営業します。(但し12月31日は午後6時まで)

新年は1日から3日まで休業、1月4日(木)より通常時間(9:00~19:00)

ネット通販の営業ご案内

ご注文は常時出来ます。

発送は実店舗と同じで12月31日まで、新年は1月4日からとさせていただきます。

なお当店が利用しているヤマト運輸のホームページに公表されているように、

年末年始はお届けに遅れが出ることがありますので

お届け日の指定など余裕をもってご注文くださるようお願いいたします。

【ヤマト運輸HPより抜粋】

高速道路の交通渋滞等により、一部地域でお荷物のお届けに遅れが生じる可能性がございます。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、日数の余裕を持ってお荷物をお出しいただきますようお願い申し上げます。

期間:平成29年12月28日(木)~平成30年1月8日(月)

着崩れを予防するには

皆さんは浴衣や着物を着用しているとき着崩れを経験したことはありませんか?

今回は着崩れを予防するための方法についてお話していこうと思います。

まず着崩れを予防するためにはまず着る前から細心の注意が必要です。

例えば着る前から紐などをしっかり結んでおくことが必要です。

着物の腰ひもの結び方は普段とは方法が異なっているため、すぐには綺麗にできない場合がとても多いです。

そうすることで慣れない腰ひもの結びが緩くなってしまい、着崩れにつながってしまいます。

あらかじめ準備しておくことや、そもそも練習を少しでもしておくことでかなりの着崩れを防止することができます。

そして次に注意すべき点として行動を意識することです。

例えば腕を上げたり歩いたりすることで着物のどこかに負担がかかってしまいます。

なるべくゆっくり歩いてみたり、ゆっくり行動することで着崩れを防止できるケースもあります。

またゆっくりした動作のほうがお落ち着いてみられてよいかもしれませんね。

して肝心なのは大股で歩かずに、小股でおしとやかに歩くことを心がけてください。

いかがでしたでしょうか?

着崩れは現地でしてしまうとかなり恥ずかしく、着直しが面倒です。

そんな事態にならないためにも注意して行動することで変化が生まれるかもしれませんよ。
 

可愛らしいラビットの花ショール

今日はとてもかわいいショールをご紹介します。

ラビットの羽毛と布で数多くのバラを並べ、あまり見たことがないタイプのショールです。

ファッション性が高いうえに、ボリューム感もあり暖かさも十分にあります。

成人式などでも人目に付く逸品です。

2017122594834.jpg

この品のより詳しい情報はオンラインショップ商品ページ(sho076:ラビット 花 ストール ピンク)で。

着物の寒さ対策

お正月が近づいてきました。今日からは着物を着るときに知っておきたいことを数回掲載します。

例年にも増して寒さが厳しい今年ですが、さらに寒くなるにつれて着物を着る点で不安なのが、寒さ対策ではないでしょうか。

着物を着ると、洋服のようにブーツを履いたりといった防寒対策が取りにくくなります。
また、裾や袖が洋服に比べて広く開いていることも多く、なかなか暖かさを感じ辛いという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、そんな着物を着る際の防寒対策について紹介します。

まずは、コートを着ることです。
和装用のコートは、身体をすっぽりと包むものが多く、防寒対策の第一歩として購入される方が多いものです。
また、衿のデザインが違うだけでも雰囲気が変わってくるため、気に入った衿を探すのも良いかもしれません。

次は、マフラーやショールです。
よく着物を着る際には、成人式の時に付けるような毛皮のものを付けなければならない、と考えている方も多いようですが、普通のマフラーでも大丈夫です。
また、首を開けて防寒具を使うと美しくなりますが、風邪をひいてはいけないので、首回りを全て覆うようにしましょう。

さらに足袋の品質を温かいものにしたり、ひざ下ストッキングをはくことなども効果があります。
足袋にはネル裏のものもありますのでさらし裏のモノよりは暖かく感じます。足袋カバーを使うのもよろしいでしょう。

最後は、手袋です。
手だけを覆うのではなく、手首までしっかり覆うような手袋を選びましょう。着物はどうしても手や腕が冷えてしまいます。手や手首を冷やさないようにロング手袋を使ってみてはいかがでしょうか。

半円形のベルベットショール 黒と赤

成人式などでもありきたりのショールは嫌という方にお勧めのベルベットショール。

毛皮のようなもっこりとした感じはなくスマートに着用出来ます。

もちろん初詣でや普段使いにも適しています。

今日紹介するのは黒と赤のベルベットです。

「自立したイメージをかもしだす黒」と「行動力がありドラマチックな赤」両者ともに定番として人気が高い色なのです。

より詳しくはそれぞれのオンラインショップのページでご覧ください。

黒:

20171223114952.jpg

この品商品ページはこちら(sho075:ベルベットショール 半円形 菊の刺繍 黒


このタイプのショールは何点か販売していますが変わらず人気があります。

なんといってもワンポイントの刺繍がエレガントで可愛いアクセントになっているからです。

赤:

20171223114540.jpg

この品の商品ページはこちら(sho067:ベルベットショール 半円形 椿の刺繍 赤


半円形なので後ろ側も十分に覆うことができます。

かんざしってどうやって外すの?


和装の際には、かんざしを刺すだけで趣のある雰囲気を感じることができますよね。
また、最近では着物や浴衣を着用した時だけでなく、普段使い用のかんざしも販売されていますよね。
しかし、かんざしの正しい扱い方についてはご存じない方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、かんざしの正しい刺し方・取り外し方についてご紹介したいと思います。

かんざしを使用する際の一番の悩みは、かんざしが下がってしまい、アップヘアやお団子が崩れてしまう心配があることですよね。
そういった状態にならないように、かんざしを刺すときには、髪をかき分けるようにして上下に動かしながら差し込んでください。
その際には、かんざしの軸の上部を持ちながら刺し込むとうまくいくでしょう。

そして、かんざしを外す際には、軸の先端を浮かせながら、少しずつ押し出していくと容易に外すことが可能です。
しかし、その際に飾りの部分を持つと、破損の原因になるので、きちんと軸の部分を持って取り外してくださいね。

みなさんも、かんざしを使用する際には、ぜひ参考にしてみてください。

人気のショール リボンショール

今日は「フリソデ姫」などの振袖本に掲載され人気のリボンショールを紹介します。

色は白と黒、ふわふわの毛皮は高級なレッキス、大きなリボンも光沢がありゴージャスです。

成人式などでよく見かける羽毛ショールとは別次元の違いを感じるでしょう。

より詳しくはオンラインショップのページをご覧ください。

可愛らしさが引き立つのは白

20171221113610.jpg

このショールの商品ページはこちら(sho061:リボンショール 白

次は大人っぽくエレガントな黒

20171221121010.jpg

このショールの商品ページはこちら(sho062:リボンショール 黒

ページ上部へ