ホーム>店主ブログ>2014年12月

2014年12月

年末年始の営業のご案内

2014年、今年もあとわずかとなりました。

本年は皆様方にとって良い一年だったでしょうか。

豪雪、集中豪雨が多発、御嶽山などの噴火、台風災害などなど。

4月には消費税が8%に、年末には総選挙、さらに今年の漢字は「税」が選ばれるなど経済、生活への影響も大きかったのではないでしょうか。

実店舗へ訪れていただいた皆様、オンラインショップでお買い上げいただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

2014122711150.png

年末年始のスケジュールは次の通りです

実店舗

12月30日(火)まで  通常営業(9:00~19:30)
12月31日(水)    10:00~18:00、特別営業

1月4日(日)・5日(月)・6日(火) 営業(9:00~18:00)
1月7日(水)   定休日
1月8日(木)より    通常営業(9:00~19:30)

オンラインショップ(通販)

12月31日(火)午前中までのご注文で、代引き及び決済確認ができた場合、年内発送可能

1月1日、2日 発送不可 1月3日(土) より 発送可能

このサイトも12月にリニューアルしましたが、おかげさまで順調に運営させていただいています。

まだまだ不十分なところが多く、毎日格闘しながら掲載を続けています。

新年も引き続きご愛顧くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 

20141227113937.jpg

 

「いくみや逸品を探す」掲載開始

商品カテゴリーの「いくみや逸品を探す」にやっと掲載を始めることが出来ました。

本来の呉服店の商品です。このカテゴリーは未仕立のものがほとんどです。

まずは第1号は「袋帯」です。

ifko001:袋帯 服部織物 さざれ石紋 未仕立

「君が代」の歌詞にある「さざれ石」をご存知ですか?
京都西陣の有名メーカー服部織物がこのさざれ石を見事に袋帯に再現し、お祝いの席にふさわしい逸品に仕上げました。

20141226113429.jpg

さざれ石には人々が結ばれ、子が出来、孫子の代までの意味があると考えられています。

わが子を思い、その末永い健康と幸せを、そして厄除けを願う親の思いに通じています。

この帯は悪を流し苦を流す思いを流水に表現し、下流に行けばより大きくなる「さざれ石」を金や、青銀などで表しています。

お祝いの席でも、祝う気持ちを心に秘め、締めていただきたい袋帯です。

この帯の商品ページは、こちら(ifko001:袋帯 服部織物 さざれ石紋 未仕立)

さざれ石を紹介したウィキペディア(Wikipedia)はこちら

その中で紹介されているさざれ石の画像です

20141226114114.jpg

京都の賀茂御祖神社のさざれ石

 

 

20141226114256.JPG

京都護王神社のさざれ石

天蚕糸使用 白鷹の雪花織 名古屋帯

20141223135516.jpg

白鷹町で生産された天蚕糸、これがとてつもなく希少なのです。今日はこの天蚕糸を用いた帯を紹介します。

20141223132719.jpg

白鷹織のお召は2014/12/20のブログでも紹介しましたが、その時に帯合わせとして載せてありました。

白鷹町の伝統工芸士 佐藤新一さんの工房の作品です。

天蚕糸とは

天蚕糸とは、もともと全国の山野に自然の状態で生育している蚕で、古くは木の枝についている繭を集めてきて糸に紡いだものでした。

人工飼育を歴史的に最初に始めたのは、1780年代に長野県安曇野で飼育されたとされています。

白鷹町では、近年になって天蚕の飼育を始め、山形県内で本格的に天蚕飼育をしているのは白鷹町だけだそうです。

とにかく人工飼育するには手間がかかり、細かな配慮が必要とされます。萌黄色の独特の光沢を持ち、絹に比べて軽くて柔らかいのが特徴です。

糸の中に空気が入っているために保温性が高く、染料を吸着しにくいために濃く染まらない性質を利用して家蚕糸と混織し後染めすることで濃淡をつけることも行われています。

この帯の淡くうっすらと緑色をおびた薄黄色の柄の部分にこの天蚕糸が用いられています。天然の繭の 持つ自然の色彩をそのままで織り込んでいます。

20141223144348.jpg

帯を縦方向に見た時の拡大画像

20141223144512.jpg

帯を横方向に見た時の拡大画像

帯の反末ラベル

20141223145356.jpg雪花織は雪の花のごとくきれいに幾何学模様を描き出したもので、天蚕糸をふくよかに織り込む技術も佐藤新一さんの工房ならではのものでしょう。

20141223144955.jpg

お太鼓のイメージ

20141223145041.jpg

前腹のイメージ

ご関心のある方は是非お問い合わせください。

クレジット決済・コンビニオンライン決済

お待たせしました!! クレジットカード決済とコンビニオンライン決済が利用可能となりました。

このサイトをリニューアルして以来手続きが遅れていましたが、やっとクレジット決済とコンビニでのお支払ができるようになりました。

決済委託会社は「イオンレジ」、すなわちイオンクレジットサービスを利用しています。

クレジット決済

20141222231553.png

5大国際ブランド(VISA・マスターカード・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナースクラブ)に対応し、ほとんどのお客さま がいつもお使いのカードでそのまま決済いただけます。

また、外部の第三者機関より「プライバシーマーク」と「ISO27001」の認証取得をしております。

20141222233142.gif

※「プライバシーマーク」制度とは、日本工業規格「JISQ15001」(個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項)に基づき、個人 情報の取扱いについて適切な保管措置を整備している事業者などに対し、「プライバシーマーク」の使用を認めるものです。

※「ISO27001」とは、適切な情報セキュリティ体制を確立し、運営管理している企業として国際的に証明される情報セキュリティマネジメントシステム の国際規格です。

コンビニ決済

20141222234026.jpg全国のコンビニで24時間お支払いできます。

WEB上でクレジットカード番号の入力が不安な方なども、ローソン、ファミリーマート、その他主要コンビニでお支払いいただけ、便利にお使いいただけます。

(ご注意)一部のコンビニで決済会社のシステム調整のため、利用できないことがありますのでご了承願います。

白たか織 お召の反物

約1年半ほど前から山形県米沢市の仕入れ先とお付き合いを始めています。

白鷹織など山形県南部の伝統的な織物産地です。

今では生産量も少なくなってしまった希少な品も取り扱うようになりました。

今日は山形県の置賜地方の名産「白たか織 お召」の反物をご紹介します。

20141222175232.jpg産地の白鷹町は、山形県の置賜地方にあり、盆地のため寒暖の差が激しく、 昔から養蚕の盛んな地方です。またここで作られる絣は日本最北の絣織物で「北限の絣」とも称されています。

白たか御召の特徴はシボ立ちによる独特のシャリ感に代表され、微細な絣や縞が人々を魅了します。単衣の季節にも着用できます。

20141220185641.jpg

この反物は紅花や梅を用いた草木染により染色された先染め糸を用いています。

何とも草木染ならではの柔らかく優しい色合いでしょう。

薄いピンク地に灰紫の細い縞、ピンクといっても、肌色に近いような、藤色に近いようなとても微妙な色です。

シボがあるためさわやかさがあり、湿度が高い季節や地域などでは大変重宝いたします。

落ち着きとしゃれ感をあわせ持ち、着られる年齢幅が大変広いお召し物です。

織元は白鷹町にある佐藤新一さんの工房で、白鷹紬はもう一軒と合わせて二か所のみになっています。

【反物の規格】  素材:絹100%  染色:草木染による糸染め  織機:高機手織り
(草木染ですが、一部退色の可能性のある染料は合成染料で重ね染めを行っていることがあります)

20141222162933.jpg

織物の種類から言えばお召ですが、なかなかお召というものに触れる機会が少なくわかりにくい織物といえるでしょう。

要するちりめんよりシボが大きく、はっきりとしている先染めの糸を用いた織物のことです。

 通常ちりめんは縦糸に撚りをかけず、横糸に「右より」と「左より」を交互に用いてしぼを出しますが、お召は縦糸にもつよい撚りをかけ、横糸にも一般のちりめんよりも撚りの強い糸を使ってしぼをよりはっきりとさせています。

用途は略礼装又はお洒落着とされています。無地から紬にかけての範囲内の着方になるでしょう。

極細の縞は約2㎜ほどの間隔で織り込まれています。すっきりとしたシボ立ちが程よく感じられるお召です。

さわやかでさりげない、品の良い着物になることでしょう。帯合わせも自由な発想で合わせてみれば楽しさも倍増するでしょう。

帯合わせの例

下の画像はきれいな黄色の帯(結城紬)をあわせたものです。

20141221182414.jpg

下は佐藤新一さんの工房でつくられている「創作 白鷹の雪花織九寸帯」をあわせたものです。

この帯の柄の部分はなんと天蚕糸、しかも白鷹町で生産されたものを自然のままの色で織り込んでいます。

20141221183528.jpgそのほかにも塩瀬などの染帯もおしゃれに決めるにはとてもいい組み合わせでしょう。

和風館・椿づくしの振袖の帯

一昨日きもの道楽の袋帯「きもの道楽 菊かさね 黄色 仕立済」が入荷し只今商品ページにも掲載しました。

20141218135918.jpgこの帯の商品ページはこちら

入荷が遅れていて待望の商品だったのです。

実はこの袋帯「フリソデ姫」の中でもよく目立つ存在で椿づくしの振袖によくマッチしていました。

2014121814437.jpg

前からのイメージ
袋帯を半巾に織らずに撮影

2014121814622.jpg

後ろからのイメージ
振袖は前からのイメージを使っています

フリソデ姫で紹介されている組み合わせのものズバリです。

黄色の帯はそれほど多くありませんので、私たちにも新鮮でベストな組み合わせだと思います。

この振袖の商品ページはこちら

今週末のイベント

今日は定休日。のんびりとしたいのですがネットの仕事とか雑用が多く忙しい限りです。

今日のお天気、全国的に大荒れの模様、大変心配されます。

さて、私のかかわっている袋井駅前商店街、本年最後のイベント

「袋井駅前、光の回廊」が今週末の20日(土)と21日(日)に行われます。

2014113095440.jpg

キャンドルナイト(光の回廊) 西通りにて

2014113094923.jpg

「懐かしの秋葉線」イルミネーション 静橋にて

先のブログでも紹介したとおり近くの静橋には電車のイルミネーションもあり夜のお散歩には絶好ですよ。(両日とも18時~20時)

 

さらに静橋をもう少し北に行くと袋井市役所があります。

ここでは袋井商工会議所青年部(私もかつて所属)主催でXマススターライトイルミネーションが行われます。

2014121619754.jpg見ものはこの地区初めてのプロジェクションマッピング、市役所の壁を使って行うそうです。どんな映像が披露されるか楽しみです。

12月20日(土)1日限り 17:10~20:30の開催です。ぜひお見逃しなく。

SOU・SOUブランドの振袖

SOU・SOUとは日本語の「そう、そう」

無意識に使っている「そう・そう」という言葉、日本人のいいところも改めた方がいいところもこの言葉には含まれている。

こんなことが原点でSOU・SOUは始まったそうです。(参考:SOU・SOUホームページ

SOU・SOUについて

『新しい日本文化の創造』をコンセプトにオリジナルテキスタイルを作成し地下足袋や和服、家具等を製作、販売する京都のブランド。脇阪克二氏(テキスタイルデザイナー)、 辻村久信氏(建築家)、若林剛之氏(プロデューサー)らによって設立。「自由で楽しい和服」や「伝統技術を継承したポップな工芸品」をテーマに活動を続けている。

 

当店では初めての取り組みで、2点の振袖を取り扱っています。もっとも白地の方は売り切れ状態ですが・・・・

大胆な構図とシンプルな配色、ポップでモダンなイメージがあります。

2014121620818.jpg

振袖 SOU・SOU  4S-504 梅 白 仕立済

商品ページはこちら

20141216201116.jpg

振袖 SOU・SOU S-503 梅 黄色 仕立済

商品ページはこちら

この2点も「フリソデ姫」に掲載されています。

和風館やきもの道楽などのブランドより2㎝ほど身丈が長くなっています。

 

「フリソデ姫」の商品アップも一段落

祥伝社KIMONO姫特別編集「フリソデ姫」の商品をひたすらアップしてきましたがやっと終了間近になりました。

一部を除き、発注商品もほぼ入荷し終えたためです。一時にどっと入荷したりバラバラと入ったりでした。

草履やバッグ、ショールもボリュームが増えました。

実店舗情報でも掲載しました本のプレゼントキャンペーンはオンラインショップのでご購入いただいた方にも適用いたします。

2014112135414.jpgのサムネイル画像

フリソデ姫 発刊記念キャンペーン

notes発刊キャンペーンとして、この本に掲載されている商品を5万円以上お買い上げの方に、ムック本プレゼントします。

この本には岡重のアンティーク柄復刻ツーウェイバッグと、 リボン転写フェルトバッジが三つがついています。

主なモデルさんは、でんぱ組、最上もがちゃんです。 とっても可愛い本ですので保存版としてお手元においてくださいね。

当店もお取扱店舗に掲載される予定でしたが、どういうわけか本には載っておらずどこかで手違いがあったようです。weep

しかしれっきとした正規の取扱店であることには間違いありません。

本の掲載ブランドは「岡重」、「きもの道楽」、「和風館」、「和風館×RUMIX」、「tsumori chisato」「キスミス」、「sou・sou」です。私たちの店でも振袖や小紋、浴衣などで親しんできたブランドです。

ツモリチサトさんの振袖

楽しくかわいい振袖! ツモリチサトさんの着物には夢があっていつもわくわく

201412492912.jpg

振袖 ツモリチサト チェック花 オレンジ 仕立済 (帯は別売)
商品ページはこちら(fur092)

201412493719.jpg

振袖 ツモリチサト てんてんパールバラ 黒 仕立済 (帯は別売)
商品ページはこちら(fur084)

201412493520.jpg

振袖 ツモリチサト ねこフリル 赤 仕立済 (帯は別売)
商品ページはこちら(fur091)

ツモリチサトさんは説明するまでもなく人気のデザイナーで洋服から小物までいろいろなジャンルで活躍されています。
着物の世界では振袖、小紋、帯、浴衣、バッグ、帯留などの小物で私たちもお世話になっています。
柄については余分な説明はないほうがいいでしょう。
 
上の3点の帯合わせはいずれも商品ページと違う組み合わせです。それぞれツモリさんの帯をあわせています。
 
本年はバッグや帯留もありますので見てください。

 

ページ上部へ