ホーム>店主ブログ

店主ブログ

下駄と草履の違いとは


和服に合わせる靴として下駄や草履を持っている方がほとんどでしょう。
この下駄と草履、違いをしっかりと分かっていますか?
意外とわからず、適当に使い分けてしまっている人も少なくないのではないでしょうか。
 


そこで今回は下駄と草履の違いについてご説明します。
 
 

まず、材質そのものの違いとしては下駄は木製であるのに対して、草履は藁やいぐさ、ビニールやコルクと様々な素材で出来ています。

また、底の部分の違いとしては下駄は2本の歯がついていますが、草履はフラットな底になっています。
 

そこで、実際どういう時に使い分けたらよいのかということですが、
基本的には、浴衣を着たときは下駄を履き、着物を着たときには下駄か草履を履くという使い分けになっています。

着るものだけでなく、どこに行くかも下駄と草履を履くか変わってくるもので、近所へ出かけたりするときには下駄を履き、フォーマルな場所に出かける際には草履を履くのがよいでしょう。
 


このように、下駄と草履は時と場合、着る着物によって変わってくるものです。
しっかりとTPOを意識して下駄と草履を履き分けましょう。

いくみや呉服店の浴衣について


浴衣は日本の夏の風物詩のようなもので、年に一度、夏のお祭りなどに着ようという方も多いのではないでしょうか。
せっかくの浴衣なのですから、一つはいいものを持っておきたいですよね。


今回は、商品に自信を持っているいくみや呉服店の浴衣についてご紹介します。

いくみや呉服店の浴衣のなかには、東レのセオ・アルファというもので作られているものが多数あります。このセオ・アルファというものは、汗をサッと吸い取り、素早く発散し、さわやかな肌触りを実現している素材です。さらさらとしたドライ感もあり、着心地は清涼感のあるものとなっています。軽くてさらさらしながらも、適度なハリがあって、美しい浴衣姿を保つことができます。

また、ご家庭での洗濯も可能なので、着るたびにクリーニングに出す必要もありません。

そして、衿と脇の部分には、デオドランテープという素材が縫い込まれていて、消臭効果と抗菌効果を発揮します。
 

浴衣を着るのは暑いし、汗をかいてしまったら浴衣も汚れてしまうしと思って、あまり浴衣を着れない方もいらっしゃるでしょう。着心地の良い、いくみや呉服店の浴衣を着て、夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ふくろい遠州の花火チケット販売のお知らせ

ブログをしばらくお休みしていましたが再開させていただきます。
いつもご覧いただく方には、ご迷惑をおかけしました。

今日も例年通り「ふくろい遠州の花火」有料観覧席チケットの販売をします。

販売スタートは6月23日(土) 午前10時です。

2018621103539.jpgのサムネイル画像

販売方法は店頭、お電話による受付、代引き発送、当ホームページからの申し込みなどで例年通りです。

販売する席は芝生ブロック席(4,000円)イス席(5,000円)ファミリー席(20,000円、6人まで)の3種類です。

なお6月23日はお電話がつながりにくかったり、ネット申し込みの受付完了メールの送付が遅れたりすることがありますのでご了承願います。

年々、「有料観覧席で見る花火は格別」と人気が高まっています。まだ有料観覧席でご覧になったことのないかたは全国でも有数の花火のド迫力を楽しんでみてください。

 

当店の花火チケットのページはこちらから

チケットご購入の際は、こちらをよく読んでお申し込みください。

 

ふくろい遠州の花火のオフィシャルホームページはこちら

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

半幅帯って

皆さんは半幅帯という言葉を耳にされたことはありますか?

今回は半幅帯についてお話していこうと思います。

半幅帯とは、帯の幅が普段の袋帯の幅のおよそ半分になっています。

そのため、幅のある帯が大変面倒という方にはかなり向いている商品です。

幅が半分のため軽さもあり着こなすことが簡単になっています。

また、デザインもカジュアルなものも多く、様々な種類の中から選択することができます。

着物や浴衣に無地や柄が少ないものには合わせやすいかもしれません。

そして構造も様々なものがあります。

「小袋帯」とは袋帯のように表裏別々の生地のものを言いますし、単衣用の一枚の生地のものもあります。

また本格的な西陣織や博多織の半幅帯からポリエステル製のものまで、素材や柄はとても豊富です。

このように半幅帯にはかなりの種類がありますが、一番多く用いられるのは浴衣の帯なのです。

浴衣用にはすでに帯結びがしてあり、背中と前帯が別々のものも売られています。

廉価な浴衣セットはこのタイプのものが組み合わされていることが多いのです。

しかし若い方が着物を始める第一歩として、浴衣は自分で着て本来の半幅帯を自分で結ぶことを覚えていただきたいものです。


また年齢の高い方は、小紋や紬のカジュアルな着物に半幅の本筑博多帯などを粋に締めるのも味わい深いものですね。

今帯選びで悩んでらっしゃる方は一度情報を調べてみてください。

自分の好みな商品を見つけられると浴衣や着物を着るのが楽しくなりますよ。

せっかく着るなら楽しいほうがいいですよね。

京袋帯って

皆さんは京袋帯について耳にされたことはありますか?

今回は京袋帯についてお話していこうと思います。

京袋帯と聞いて京都を思い浮かべるかたもいらっしゃることでしょう。

しかし構造は名古屋帯にかなり似ているんです。

京袋帯は中が空洞の袋帯です。

2重の生地を用いて作られています。

2枚の生地が使用されているため、正直かなり重たくなっています。

また長さも名古屋帯と同じ長さなので注意が必要です。

通常の袋帯は短くなっているためかなり結ぶのが容易になっていますが、京袋帯は長さが長いため一度折って使用しなくてはいけません。

そのため手間がかかってしまいますよね。

使用される際は一度しっかりつけてみることをお勧めします。

京袋帯はカジュアルなものがあまりありません。

デザインで選ぶのではなく使いやすさを重視してみてください。

いかがでしたでしょうか?

京袋帯は知名度も低くマイナーなものかもしれません。

しかし品が高くずっしりした雰囲気を醸し出すことができます。帯も好みによって変わってくるので十分な検討が必要です。一度迷った方は相談に来てみてください。しっかりとアドバイスをもとに帯選びをしてみてくださいね。

 

春の大感謝祭スタート

本日より3月12日まで春大感謝祭が始まりました。

今回は特に訪問着と袋帯をお安くしています。

訪問着は最も重宝する大切な礼装用着物です。

こちらはチラシ広告の品です。

201831114328.jpg

この2点通常の当店での「お誂えお仕立て上がり価格」は

285,000円(表地、正絹胴裏、湯のし、ガード加工、帯芯、仕立て代の合計)です。

これを188,000円でお求めいただけます。

その他にも訪問着と袋帯は通常の店頭表地価格から2割引き、

さらには超特価として半額の奉仕をしているものもあります。

本加賀友禅・京友禅の訪問着、河村織物など老舗西陣織メーカーの袋帯など価値ある品が多くそろっています。

絶好の機会ですので、ご来店の上、将来必要になると思われる「訪問着と袋帯」をお見分けくださいませ。

今回の広告チラシです。

20183112348.jpg

着物の保管方法とは?


着物を買い、着た後は、家で着物を保管すると思います。

しかし、着物の保管には、いくつか注意点があるのです。

今回は、着物を保管する際の注意点を紹介します。

 

まずは、湿気です。

着物は長い時間湿気にさらされることで生地を傷めたり、カビが生えてしまうこともあります。

特に押し入れは湿気がこもりやすいため、防湿材は必要不可欠です。

着物を収納する最適な場所は、通気性が良く、防虫効果もある桐の箪笥か衣装箱です。

もしも桐箪笥が家に無いのであれば、量販店で購入できるプラスチックの衣装箱でも大丈夫です。

プラスチックの衣装箱を使う際には、防湿・防カビ対策を行い、こまめに風を通すようにしましょう。

 

次は、防虫対策です。

特に天然の絹素材などで織られた着物を食べる害虫もいますので、放置しておくと食い荒らされることがあります。

ただし、着物は非常に繊細な生地で作られているので防虫剤の使用には十分注意しましょう。

防虫剤から発せられるガスによって生地を傷めてしまったり、金属糸の変色が起こることがあります。

防虫剤は、着物から少し離れた位置に紙に包んで置いておきましょう。

 

大切な着物を長く着れるように、保管する際には注意しておくと良いです。

好評です!ほどかず染める 丸染め

昨日は「着物のアラカルト」でメンテナンスのお話しをしましたが、

お店でよく加工に出させえいただいている方法がありますのでご紹介します。

着物の色が派手になってしまって、これから着るには抵抗があると思ったり、

シミや汚れが気になっていたり、胴裏が黄色に変色して着ることをためらってしますことがあるのではないでしょうか?


そのような時、染め替えをお考えになると思いますが、

通常、「洗い張り→しみ抜き→染め替え→お仕立て」という工程をとります。

さらに胴裏や八掛などを新しくすることもあり、これだけの行程をとると6万~10万円ぐらいになってしまいます。

短期間で、とても安価で染め替えができる「丸染め」という方法があります。

簡単に言うと着物をそのまま染料につけて色変えするのです。

白い胴裏も染まりますが、表の汚れが取れ、胴裏の黄ばみも目立ちにくくります。

柄の部分は残ることもありますし、そのまま無地の着物として活用できることもあります。

多少縮むことがありますが、仕上げ専門職人がお預かり時のサイズに復元しますので安心です。

なんといっても短期間で、振袖以外の着物(袷、単衣)は35,000円ぐらいの(税込)とお安いことが魅力です。

工程など詳しくはこちらの店内用パンフレット(2018226111330.pdf)をご覧ください。

このような加工にご興味のある方は、ぜひ店にお持ちください。

染めることが出来る色や、必要になるしみ抜き(別料金)、柄の残り具合などを加工元とよく相談してお返事させていただきます。

その時点で実際に加工するかどうかを決めていただければ結構です。

 

着物のメンテナンスの流れとは

着物のメンテナンスの流れとは


着物では、かつて作って年月が過ぎてしまっているものや、譲り受けたものを着用する場合には、一度、しっかりとしたメンテナンスを行った上で着用をする方が美しく見せることができるようになります。

改めて着用をする場合には、まずは着物の状態を見ることが大切なことになり、ここでは、実際に羽織ってみて、身丈にあっているか見る必要があります。

もし、丈が短いなど、体に合っていない場合には仕立て直しの依頼をする必要があり、特に女性の場合には、裏地となる胴裏と八掛けがあるために、擦り切れたり、変色をしていた場合いは新しくする必要があります。

着物のメンテナンスでは、専門店への依頼が最適な方法となりますが、この場合には、直しやシミなどの汚れ取りとなる洗い張りを含めて、希望によっては染め替えや刺繍直しなど、着物全般に対してのメンテナンスを行なうことができるようになっています。

メンテンンスの流れとしては、まず、大体の見積もりをだしてもらう必要がありますが、専門店では、見積提示と併行して、現状詳細や金額に関する内容の説明を行なうことになります。

この時点で高額となるようであれば、一度見合わせることも1つの方法となります。

関東と関西で違う着物事情とは


着物は、好みや、着用における取決めには個人や地域によっても違いがあるものの、大きくは、関東と関西に分けることができます。

その違いは関東の武家文化と関西の公家文化によるものが大きく、そこで好まれる絵柄等にも違いを見ることができます。

まず、知られているものの1つに帯があり、帯のまき方、時計回りが関東巻、反時計回りが関西巻となります。

その理由としては諸説ありますが、公家文化ではお付きの人に巻いてもらっていたことや、武家文化では、刀を差す時にひっかからないようにするためなどと言われています。

長襦袢の衿の仕立てにも関西衿と関東衿があることも知られています。

特徴として、関西衿には別衿がついていることから衿が合わせやすいことがあります。

一方、関東襟の場合には、男性用として用いられる、いわゆる長襦袢に用いられる形となり、着用ではすっきりした印象を与えてくれます。

着物に関しては、喪服にも違いを見ることができます。

現在では大きな違いは少なくなっていますが、一昔前は、喪服は関東では羽二重、関西では縮緬だったことがあり、関東ではすっきりとした印象、関西では柔らかさをもった印象のものが利用されていました。

ページ上部へ